カードローンの審査

カードローン即日

アコム審査審査に通る確率を少しでも上げたいなら!

キャッシングを審査情報ならキャッシング審査情報.com

カードローンの審査に通らないケースをいくつか挙げて解説しています。

お金について縁がないという人も、お金に関してはとても苦労したという人もたくさんいます。そして、カードローンを利用する人もさまざまです。同じようにお金を借りても、なかなか返済しきれずにずっと借りたままだという場合もあります。お金に関してきっちりとしていない人は、信用を失ってしまいます。カードローンの審査も入学試験や資格試験のような難しいというものではありませんが、審査に通らないというケースもよくあることです。ではどんなケースになるとカードローンの審査に通らないことがあるのでしょうか?
一番よくあるケースでは無職の人です。仕事をしていない人は、資産家を除いてお金を持っていないはずです。お金を借りたいという人も実は無職の人のほうが多くなってしまいます。しかし、カードローンの審査では、無職の人は審査落ちをするケースが非常に高くなってしまうのです。同じ無職の人でも専業主婦や学生ならまだ可能性はあります。世帯主が稼いでいる場合なら、条件付きでカードローンの審査に通ることもあります。この場合はあくまでも総量規制対象外のカードローン会社を選ぶ必要があります。
その次によくあるケースが、電話料金や公共料金の支払いをしていない人です。こうした支払いをしていない人は、基本的な生活費が支払えない人に見られてしまいます。特に携帯電話の購入にはローンを組んでいることもあって、その支払いを滞納しているとついには携帯電話も使えなくなってしまい、個人情報にも載ってしまいますので、気をつけておいたほうがいいでしょう。お金の貸し借りは、お金にルーズな人や性格がきちんとしていない人にはできないことです。審査ではそんな細かな点も一瞬で判断できてしまいます。これには長年のカードローンの審査ノウハウといったものが確立されているからです。
他に気をつけたいことは、会社への在籍確認が電話で行われるということです。もし電話を受けた人がその人につながずに、不在ということでそのまま電話を切ってしまった場合には、在籍確認が取れない場合もあります。在籍確認は会社が営業をしている時間帯にしか行われないため、審査に時間がかかることがあります。本当に困っていてお金を借りたいと思っているなら、ここは一つ職場の人に協力してもらうことも大切です。